ロカル緑区 > トピックス > ブログ一覧 > 区民美術展に力作166点

トピックス

区民美術展に力作166点

3日間で約700人が来場

「第56回緑区民美術展」(中日新聞社など後援)が先月28~30日(30日は台風のため表彰式は中止)に緑区役所講堂で開催されました。

今年は日本画、洋画、彫刻工芸、書、写真の5部門に166点の区民の作品が出展されました=写真。

最終日は悪天候に見舞われましたが、3日間で約700人の来場者が訪れました。みよし市から社交ダンス仲間の作品を見に来たという女性は「どの作品も力作ですね。すごい!」と話し、休み時間に立ち寄ったという区内在勤の男性は「絵の知識は無いけれど、レベルの高い作品が多いですね」と感心していました。

市長賞、区長賞受賞者の作品は名古屋市民美術展(今月20~25日・市民ギャラリー栄/中区栄4)で鑑賞できます。

受賞者は次の皆さん。

▽市長賞=田島信子(日本画)、後藤順一(洋画)、針谷松五郎(彫刻工芸)、水野百花(書)、川瀬勝也(写真)▽区長賞=増田順子(日本画)、関巌(洋画)、南埜ヤエ子(彫刻工芸)、中ノ瀬彩雲(書)、蔵本坦伸(写真)=敬称略