ロカル緑区 > トピックス > ブログ一覧 > 🚁【鳴海小防災訓練】放水や大型消防ヘリ登場に大興奮 🚁

トピックス

🚁【鳴海小防災訓練】放水や大型消防ヘリ登場に大興奮 🚁

鳴海小で地域連携防災訓練実施


写真/校舎上に飛来した消防ヘリの救助に見入る児童たち

 

1月31日に鳴海小学校(本部鉄男校長/児童数662人)で「地域連携防災訓練」が行われました。
今回は全校児童と学区住民、消防団、PTAなど約700人が参加。
緑消防署からのタンク車や起震車に加え、名古屋市消防ヘリなども登場。同校初の大規模訓練となりました。
地震発生を想定し訓練スタート。警報が鳴ると各教室では児童たちが防災頭巾をかぶり机の下へ。

次に火災発生の放送が入ると先生の指示に従い児童らは速やかに運動場へ。約6分間で避難を完了しました。
放水訓練見学では延焼を防ぐ水のカーテンと、高々と噴射される放水に児童たちは大興奮。続いて14人乗りの大型ヘリコプターがごう音と共に飛来し、あっという間に校舎屋上の人をつり上げ救助。見事な早業に大きな拍手が起こりました。他にも煙を満たしたテントを通り抜ける「煙道体験」や「タンク車見学」「地震体験」などを学年ごとに実施。
ヘリ救助を目の当たりにした男子生徒は「あんなに早く助けてもらえるなら安心」と話し、女子生徒は「煙の中を歩くのは大変だった」と初めての煙道体験を振り返りました。
傳佐(でんさ)由希子教頭は「もしもの時にこの訓練を思い出し、自分の命は自分で守れる子になってほしいです」と話していました。