ロカル緑区 > トピックス > ブログ一覧 > フキノトウで春が来た!

トピックス

フキノトウで春が来た!

▲「特に手入れの必要もなく、毎年出てくる」と青山さん

~15年前から毎年顔を出す「山ブキ」~

青山さんのお宅では、毎年2月頃になるとフキノトウが顔を出します。青山さんは「15年前に妻が山で採ってきた山ブキを植えたら、あっという間にどんどん増えて毎年出てくるよ。」と話します。

市販の大半を占めているのは「愛知早生(わせ)フキ」という品種ですが、青山さんのフキは「山ブキ」。野山に自生しているフキだそうです。

フキは、地下茎から出てきた葉柄(ようへい)の部分のことで、春一番にフキの地下茎から出てくる花のつぼみがフキノトウです。青山さんは「フキを佃煮にして食べるのがおいしい。保存も利くので重宝しています」とにっこり。

◀天ぷらにするには、少し大きいかな?