ロカル緑区 > トピックス > ブログ一覧 > 「学校に行かない行きたくないという選択」~緑児童館~

トピックス

「学校に行かない行きたくないという選択」~緑児童館~


▲進行役を務めた塚本館長㊧と伊藤主任=緑児童館で

 

子育て中の保護者と話し合い―緑児童館―

子育て中の保護者を対象とした話し合いが、今月6日、緑児童館で行われました。テーマは「学校に行かない行きたくないという選択」。
同館では8年前から「子どものことをもっと知ろう」というテーマで定期的に講演会を開催していて、今回もその一環としての試み。参加したのは子育て中の保護者8人と、進行役で館長の塚本岳さんと主任の伊藤暁さん。10人が車座になり、テーマに沿って思うことを口々に話していく…というスタイルで進められました。

参加者の中には、未就学児の子を持ち、テーマに関心を持っている保護者や学校へ行かない子どもを持つ保護者もいて、「低学年だと受け入れてもらえるフリースクールが見当たらない」という悩みや「学校に行かず家で過ごす子どもに『私はあなたのことを見ているよ』の意味で、インスタントではなく必ず手作りの昼食を用意して出勤する」という経験談などが話に上がりました。

「特に新学期が始まる時期は学校へ行きたくない、行きづらいと感じる子もいると思う。すぐに結論が出るテーマではないが、今回の話し合いで何か得られるものがあれば」と塚本館長。「学校へ行きづらい時は児童館へ来てもいい」と考えています。

話し合いの終了後には「保護者同士の交流の場がなかなか無いので、来てよかったです」という声も上がっていました。