ロカル緑区 > トピックス > ブログ一覧 > 【神の井酒造】~食事を楽しむために飲みたくなる酒を~

トピックス

【神の井酒造】~食事を楽しむために飲みたくなる酒を~

[caption id="attachment_1502" align="aligncenter" width="300"] ◀情緒ある創業当時からの店構え[/caption]

創業1856年。「愛知の酒蔵は幕末の頃に栄え、うちもその頃創業。裏には船着き場があり、近くに木舟の造船屋さんもありました。木舟に酒樽(だる)を積んで港まで運び、大型船の樽舟に乗り換えて江戸まで届けられました」と話すのは5代目の久野正彦さん。

「神の井」の名前は、3代目当主が熱田神宮に御斎田を寄進した縁により、神が飲む井戸の水「御神井」の水の如(ごと)きであることから命名されたそうです。「城のあるところは水がおいしい。大高城のあった大高の水もやはり美味で、酒造りに向いていたのでしょう」

例年通り今年の「しぼりたて」の味は「とろりとふくよかな味わいに仕上げています」と久野さん。「地元の人が料理を楽しむために飲みたくなる日本酒造りを目指しています。くつろぎの時間のお供にしてほしいですね」と目を細めます。「日本酒の消費量は右肩下がりではあるが、私たちは納得のいく酒を造り、地元の人が買ってくださり、自分たちもニコニコと商売していければそれで満足。今後もぼちぼちとやっていきたいですね」と話していました。

【DATE】
(住所)大高町字高見25番地
(HP)http://www.kaminoi.co.jp/
     ☝こちらをクリック

◆今月23日(日)午前10時から午後3時まで蔵開き開催。
「神の井 しぼりたて」など全4種類の日本酒が試飲できます。

▲久野正彦さん。「焼いたギンナンに『大高』を合わせては」