名古屋市緑区まとめサイト『LOCALU(ロカル)緑区』は、
緑区ホームサービスが運営する地域密着型の情報サイトです。

Facebook
Twitter
MENU

ロカル緑区 > トピックス > ブログ一覧 > 2020 3月

トピックス

2020 3月一覧

そろそろ開花!桜を見に行こう✿地元で楽しむ散策スポット

今年は暖冬の影響もあり、桜の見頃が例年より早くなるとの予想です。しかし、このご時世に人混みはできるだけ避けたいところ。そんなときは、地元の人たちが大切にしてきた桜を訪ねる散歩をしてみませんか。

✿桶狭間地蔵池から長福寺へ
桜を楽しみながら歴史散策

今年のNHK大河ドラマの主人公は明智光秀。その主君、織田信長が今川義元との戦いに勝利して、全国統一への第一歩を踏み出した「桶狭間の戦い」の舞台は、見事な桜の散歩道でもあります。

スタートは市バス「地蔵池」停留所。小さな地蔵堂の隣に広がるのが「地蔵池」。枝を大きく広げたソメイヨシノがぐるりと池を囲んでいます。この池は江戸時代初期に作られた農業用のため池。愛知用水ができるまで、常に水不足に悩んでいた桶狭間の住民が大切にしてきたものです。

地蔵池から南下していくと、合戦の様子をジオラマにした「桶狭間古戦場公園」など、あちこちに桶狭間の戦いゆかりの史跡を見ることができます。
同公園の南に広がるもう一つのため池は「大池」。この周りにも約30本のソメイヨシノが植えられています。池の周辺には遊歩道が設けられ、風情のある東屋もあります。

この桜散歩のフィナーレは、今川義元の首実検が行われたこさといわれる古刹「長福寺」(門前の見事な一本桜=写真) 住職の小山昌純さんによれば、「明治生まれの祖父が住職だった時に植えた」とのことです。

ゆっくり歩いても30分ほどの散策。桜色の光を浴びながら歴史を旅するひとときになるでしょう。

 

✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿  地元で楽しむ散策スポット  ✿ ✿ ✿ ✿ ✿  

 

✿扇川緑道✿

扇川は区内北東部の大池を源流として、大高町丸ノ内の天白扇川橋近くで天白川に合流します。全長約10km。川べりに扇川緑道として整備された散策路が作られていて、所々にソメイヨシノの桜並木があります。
特に平手交差点の南にある平手橋から上流に向かう3kmほどのエリアは、両岸の桜が大きな枝を広げ、桜のトンネルになっています。「『インスタ映え』を狙うなら、橋の上からがお勧め」とは散歩に来ていた20代の女性です。

 

✿成海神社✿

境内にはソメイヨシノと河津桜が各20本、しだれ桜と八重桜が各1本植えられています。
宮司によると、「ソメイヨシノは東宮稲荷社の所にあります。満開後の少し風のある晴れた日など、赤い鳥居にピンクの花びらがひらひら舞ってきれいです。満開の頃なら駐車場から稲荷神門をくぐり、最初の鳥居越しに東宮稲荷社を見ると、連続する鳥居の向こうに木々の緑の中、ソメイヨシノが華やかです」とのこと。

 

✿鳴海団地✿

名鉄有松駅北東に広がる鳴海団地の北側にある運動場の周辺には、ソメイヨシノやしだれ桜など、20本ほどの大木が毎年美しい花を咲かせています。
「20年ほど前から団地の建て替えが始まり、古い桜の木はだいぶ切られてしまいました。でも、植え替えられた若木が大きくなってきたので、楽しみ。団地や近くのマンションの人たちもお花見ピクニックをしに来ますよ」とは、子どもの登下校の安全を見守っているボランティアの女性です。

 

✿大高緑地✿

緑地南端の「桜の園」を中心に32種の桜が約1000本植えられ、例年3月から4月中旬まで楽しめます。
同緑地の職員によると、「サトザクラや八重桜はソメイヨシノが終わったあとでも2週間くらい楽しめます。同時期の見頃で黄色い花が特徴的なウコンザクラやギョイコウもありますよ」とのこと。