ロカル緑区 > トピックス > ブログ一覧 > 歴史宝箱⑤~鳴海球場跡(その1)~

トピックス

歴史宝箱⑤~鳴海球場跡(その1)~

地元にベーブ・ルースがやって来た!?

鳴海町文木にある「名鉄自動車学校」の敷地は、自動車教習所としてはかなり変わった形をしています。おまけに大きな観客スタンドのようなものまであります。

こここそ、日本の野球史にさんぜんと輝く「鳴海球場」があった所。敷地の形は、今も野球場だった時代の雰囲気を色濃く残し、スタンドも4万人の観客を迎えていた時の一部が残されているのです=写真。

日本に野球を紹介したのは、明治の初め、東京開成学校(現東京大学)の教師として来日したホーレス・ウィルソンだといわれています。その後、野球熱は学生を中心に急速に広がり、大正から昭和初期にかけて、神宮球場、甲子園球場など、大規模な野球場が全国に造られるようになりました。

愛知電気鉄道(現名古屋鉄道)によって、鳴海球場が建設されたのは、昭和2(1927)年のことでした。開場時の収容人数は2万2500人。中部地方の全国中等学校野球大会(現在の全国高等学校野球選手権大会)の予選会場となったのをはじめ、同6年にはルー・ゲーリックが、9年にはベーブ・ルースを含む全米選抜チームが来日し、鳴海球場で親善試合を行うなど、ここは東海地方の野球熱の中心地になっていきました。

そして、日本のプロ野球幕開けの舞台となったのも、この球場です。同11年2月9日、「読売巨人軍」と「名古屋金鯱軍」の試合が行われました。実は、この対戦こそ、日本のプロ野球球団同士で行われた初めての試合だったのです。金鯱軍は第1試合を10×3で勝利しています。

しかし、同33年に名古屋市内に「中日スタヂアム」(現ナゴヤ球場)が建設されたことから、プロ野球や高校野球の予選は、新球場で行われるようになり、鳴海球場は観客数が激減。同年には閉鎖されることになりました。

次回の歴史宝箱では、歴史をさかのぼり、鳴海球場誕生の背景となった「鳴海小作争議」の話をします。(隨)