ロカル緑区 > トピックス > ブログ一覧 > 「テレどまつり」Meetiα(ミーティア)

トピックス

「テレどまつり」Meetiα(ミーティア)

今年は動画で魅せます
「テレどまつり」参加チームからひと言

毎夏、名古屋の街を彩る踊りの祭典「にっぽんど真ん中祭り」。今年は8月28日(金)~30日(日)に「テレどまつり」と題し、動画配信で開催されます。毎年コンテストのステージで熱き演舞を披露してきた地元のチームも動画でエントリーします。初めての動画作品応募で大変だったことは? 込めた思いは? など8チームに聞きました。
*開催の詳細は同祭のホームページ参照/チーム紹介は順不同/見出しの「 」は作品名

 

Meetiα(ミーティア)
「熱狂の万灯会」

今年結成10年目を迎えるMeetiα。同祭への出場も10回目です。2015年から毎年「桶狭間古戦場まつり」をテーマにした作品を踊り、今年は昨年のものをベースに、同祭のハイライトである「万灯会(まんどうえ)」を熱く彩り豊かに表現します。

「ステイホームの時代なので、メンバーが集合することなく、各自が選んだ場所で撮影し、昨年の映像に差し込みながら編集しました」と伊藤恵副代表。

チームコンセプトの1つである「現代に生まれ変わった桶狭間の英雄たち」にちなみ、衣装は甲冑や陣羽織をイメージ=写真。チームの目標でもある「新しい時代を切り拓く」に合わせ、曲も和太鼓などを入れ、疾走感あふれるものに仕上げています。小道具も祭りを盛り上げる炎をイメージするものなどを使用。ライブとは違った演出を工夫しています。

「コロナ禍で苦しい思いをしている人も多いと思います。私たちの作品で元気や勇気をお届けできたらと願っています」