ロカル緑区 > トピックス > ブログ一覧 > 久しぶり、元気に「パチリパチリ」

トピックス

久しぶり、元気に「パチリパチリ」

3密避けて再開「戸笠囲碁の会」

コロナ禍で休会していた「戸笠囲碁の会」(会員39人)が9月から再開されました。戸笠コミュニティセンターで久しぶりに対局した会員らは、元気にパチリパチリと打っていました。

「戸笠囲碁の会」は2003年設立の同コミセンと同時に高齢者福祉の一環として誕生した自主的クラブです。平均年齢72.3歳で女性は2人。最高齢は90歳。毎週土曜日午前9時半から午後5時まで、同コミセン2階で開催しています。

今年はコロナ禍による同コミセン閉館で3月から5月末まで休会し、その後開会したものの8月に再び休会。「3密を避ける。体調管理やマスク、手洗い厳守」などの条件付きで、9月5日から再スタートしました。会場も普段は長机1卓で2組対局でしたが1組に減らし、碁盤上には同コミセンが同クラブ用に作成・提供の透明アクリル板仕切り。また特別に隣の和室も使っています=写真。

会員の80代男性は「楽しい。巣ごもりで一人考えていても新しい手は思い付かん。相手がいるとやはり違う」と笑顔でした。