ロカル緑区 > トピックス > ブログ一覧 > ユメリア徳重10周年記念合唱祭

トピックス

ユメリア徳重10周年記念合唱祭


▲安さん(中央男性)と合唱する扇台中と滝ノ水中の合唱部員たち


扇台中と滝ノ水中合唱部が安さんとコラボ

区役所徳重支所など公共施設と商業施設が入居する「ユメリア徳重」の開設10周年を記念した合唱祭が昨年12月12日、緑文化小劇場で開かれました。


区役所と同劇場が主催し、徳重支所管内の扇台中学と滝ノ水中学の合唱部、地元在住でドイツ、韓国でも活躍するオペラ歌手安賜勳(あんさふん)ヨハネスさんが美しい歌声を披露しました。

両合唱部は、公演2週間前に安さんの指導を受け、この日に備えました。会場には両校部員の保護者や地元住民ら約70人が招待されました。

第1部では両校の合同合唱の後、扇台中が「ドレミの歌」など、滝ノ水中が「パプリカ」などを歌い上げました。第2部から安さんが「浜辺の歌」など3曲をテノール独唱、伴奏は地元在住のピアニスト高橋宣江さん。第3部の最後に全員でクリスマスにちなんでミサ曲「パニス・アンジェリクス」などを合唱しました。

扇台中合唱部(部員23人)の部長(2年)は「安さんからご指導を受けて多くのことを学びました。部員全員が練習通りに歌うことができました」と話しました。滝ノ水中合唱部(同36人)の部長(2年)は「コロナ禍の中、少しでも成長しようと練習してきましたが今回は良い経験になりました」と笑顔で話していました。


*この合唱祭は、「みどり☆動画ひろば~よりどりみどり~」https://www.city.nagoya.jp/midori/page/0000134943.htmlで2021年3月31日まで見ることができます。